け誌

アイドル、モデル、タレント…などのブランディングに関する考え方

先日ライブハウスWEBマガジンの『BASS ON TOP MAGAZINE』の方にアーティストの個性やコンセプトの見つけ方についての記事を掲載しました!

*アーティストの個性やコンセプトの見つけ方とブランディング

「マインドマップを使って見つけると分かりやすいよ」という内容で、バンドさんを例に自分の商品、ターゲット、キャラクターの3つに分けてご紹介しました。この方法はバンドやアーティスト以外にもアイドルやモデルさん、タレントさん、フリーランサーさんなどにとっても有益かと思いますので、今回はバンド以外の方向けに解説します。

個人のブランディング

自分は撮影をするだけでなく、アイドルさんやモデル、タレントさんのHPを作ったりすることが多く、その際に「自分をどんな感じで見せたら良いか分からない」という意見が多々聞かれます。ただの『アイドル』『モデル』『アーティスト』ではなかなか世に知られるのは難しいです。職業であってもそうですね。フリーランスのWEBデザイナーと言ったところで、競合はたっくさんいます。そうなると、『○○もできるアイドル』、『○○な撮影に特化したモデル』…のような特徴を持つ必要があります。さらに言うと『XX界隈で』というように自分が動ける場所を確保するとより良い訳です。

こういう考え方を一般に『ブランディング』や『コンセプト』という言葉を使ったりしますね。このブランディングについて考えてみましょう。

BASiCS戦略理論

ブランディングを考える上で、色々な考え方があり、マーケティングの世界では『BASiCS戦略理論』と言うのものがあります。

1.Battlefield (ライバルは誰か?)

2.Asset(自分だけが持っている独自資源は?)

3.Strength(自分の強み)

4.Customer(どんな層をターゲットにするか)

5.Selling Message(自分のコンセプトを一言で言うと?)

本来は上記5つの項目にすんなり自分が思う特徴を当てはめれれば良いのですが、なかなかそうはいかないですよね?そのため今回は上記をもっと簡略化したものから考えてみましょう。

1.自分の職業は?

何でも良いので紙に自分の職業について書いてみましょう。冒頭でご紹介した記事では『自分の商品』と紹介しましたが、自分の職業について思いつくことを列記してみましょう。アイドル、モデル、タレント、WEBデザイナーなど。さらにそこから具体的に何ができるか、どんな資格があるか、芸能ならダンスができる、歌える…などなど、思いつくだけ紙に列記し、関連性あるものを線で結びます。

デザイナーさんだとこんな感じ?

自分の場合だと『撮影』、『WEBサイト制作』、『ブランディングのお手伝い』の3つの仕事があり、そこから撮影ならポートレート→宣材写真、もしくはライブ撮影…のように枝分かれしていく感じです。

2.自分の特徴は?

出身地や見た目、年代、趣味、性格などを自分の特徴を列記しましょう。『自分の職業』に比べてやりやすいかもしれないです。どんどん枝分かれになって広がるかと思います。

フリーランスで仕事で活かそうとするなら、『元サラリーマンで営業に強い』、『地方生まれで人脈が多い』、『説明が上手い』…なども特徴になりますね。

3.自分が狙っているターゲットは?

上記の2つの要素だけでも何となく見えてきたと思いますが、さらにピンポイントでブランディングするために、自分のターゲットや、ファンになってほしい人、もし思いつかなければ自分の競合(ライバル)になり得る人物について書いてみましょう。

自分だったらライブハウスのお手伝いをしていることが多いので、大手の企業よりもその界隈の方々とお仕事することが多いです。また企業でも音楽事務所や芸能事務所などエンタメ系が多いです。

3つの要素から共通点や特徴を見つける

これら3つの要素を書いていくうちにBASiCS戦略理論のうち4つの要素(ライバル、自分の独自資源、自分だけの強み、ターゲット)が何となく分かったかと思います。あとは紙に書いた枝分かれした要素から共通点を見つけて、自分のコンセプトについて考えてみましょう。なるべく文章化すると良いです。自分の場合はまだうまく文章化はできていませんが、「バンド、モデル、アイドル、アーティストの撮影やWEB周りのお手伝いをします。」的な感じですね。本当はオリジナルの職業名とかを付けれるとカッコいいですけどね。

今回ご紹介した紙にキーワードを枝分かれで書いていく方法は『マインドマップ』と呼ばれる方法で、考えを整理するときに役立ちます。冒頭でお伝えした記事(アーティストの個性やコンセプトの見つけ方とブランディング)で結構具体的に紹介しているため、かなりざっくりとした説明になりましたが、もっと詳しく聞きたい方は直接聞いてください〜。

ー追記ー
とある方に具体的にアドバイスしてあげました。
何やりたいか分からないモデルさんの相談に乗ってアドバイスしてあげた話

関連記事一覧