け誌

個人で3DCGアニメを作るまでのワークフロー

こんにちは、久しぶりにブログを書きます。きちんと文章を書くのも数年ぶりくらいかも…。

去年から3DCGを始めて、現在YouTubeで『ハリキリ大臣くん』という3DCGアニメを制作しており、その制作手順などを語って行きたいと思います。ただ3Dアニメの作り方というと、幅広くて、本業レベルの方もいるので、あくまで今自分が作っているアニメができるまでという感じで紹介します。

どのソフトで作るか

『ハリキリ大臣くん』は数年前から構想があって、作りたいと思っていたけどなかなか作れていない中、去年からようやく制作を始めて、制作自体はデザインもあるので1年くらいかけて制作しました。個人が「アニメを作りたい!」と思った時に一番難しいのがどうやって作るかという問題です。自分はカメラマンとして動画撮影をよくするので、動画編集ソフトはよくあるけど、個人でアニメを作るっていう人があまりいなく、情報も乏しいので結構大変でした。

Adobe Character Animator

そこで最初に思いついたのがAdobeユーザーだったのでAdobe Character Animator。これは顔や体のパーツごとに絵を描いてそれをパーツごとに動かす的なソフトです。モーションキャプチャーという部類で、カメラで人の顔を認識することによって、瞬きや口の動き、体の動きなどもリンクしてイラストを動かしてくれるものです。アニメというよりもアバターに近いイメージです。

Character Animatorで作ろうと思っていたところ、これだと例えばキャラクターが振り向いたり動いたりするシーンって、head tuner機能とか使えばある程度はできますが、どうしてもこのソフトのようにイラストベースで作っていったら限界があるんですよね。また、あまり作り方的な情報がWEBに落ちてないので(勉強は全てYouTubeで学ぶタイプ)、どうしてもこのソフトだと難しそうだと断念しました。

Blender

で、いろいろ考えてBlenderという3DやCGを制作するソフトに行き着いたので、基本的にはこれで作っています。Blenderって3DCGソフトという分野で、こういうリアルな3DやCGを作ったりするソフトです。

これの良いところって、一回キャラクターや場面を作っちゃえば何回でも角度を変えたりして利用できるところです。そのため、Character Animatorほどじゃないけど、セル画のようにイラストを1枚1枚書くのに比べたら楽そうと思いました

ただBlenderって普通に作るとこんな感じでリアルなCGになってしまいます。

今回作っているのが作風的に絵本っぽい作風をイメージしていて、CG感を出したくなかったので、これを手書きのアニメっぽい仕上がりにしていく作業っていうのがとても大変でした。去年はBlenderを使い始めて、ほぼほぼこのアニメっぽい雰囲気を出す作業に時間を使いました。

例えば、枠線をつけるにも特に遠くにあるものの枠線を細く、近くにあるものを太くするのが大変だったり、

手描きっぽい仕上がりにするために線にノイズを入れて少し歪ませたり、線の色とか全体的な色のバランスとか、Blender自体の操作感よりもどちらかというとこの辺の作風に合わせる調整が大変でした。

Blenderが結構良い感じ

とりあえず使ってみたBlenderでしたが、今のところBlenderで進めています。ただ今後例えばチームみたいに複数でプロジェクト進めたとしても、様々な3DCGソフトがある中でBlenderのようなフリーソフトがあれば、ソフトを統一できるので、Blenderが結構最高かもとは思ってます。この点に関してはメッチャ参考になりそうな記事がありました!
「やっと3Dツールが紙とペンのような存在になる」エヴァ制作のカラーがBlenderへの移行を進める理由とは?(西田宗千佳)

書き出し後の作業

Blenderでシーンごとに書き出していくんですが、書き出しはJPEGやPNGで行っています。最初はビデオファイルで書き出していたんですが、JPEGの画像として1コマ1コマ修正するのが楽なので画像で書き出します。

各シーンはDaVinci ResolveやAdobe Premiere Proというソフトを使って繋げていく感じです。色修正しやすいのはDaVinci Resolveなので、この辺はまだハッキリしていないです…。

また全てのシーンをBlenderで作っている訳じゃなくて、iPadを使って描いてたり、必要であればAfter Effectsで作ったようなシーンもあります。あとは、Illustratorとか、XDとかも使います。

SE・BGM作業

BGMはできればちゃんと作りたいとは思っていますが、ここまでの作業がかなり大変で、毎回曲は作ってられないので、月に1度くらい時間作って合った雰囲気の曲を作るようにはしています。…とはいっても曲作るは大変なので、ちょくちょくクラシック曲を弾いたり、コミカルな曲とかジャズっぽい曲は作れないので、その辺りは素材を使ったりもしています。

作った曲は忘れちゃうので一応楽譜にはしています。

余裕あったらコードを借用和音入れて複雑にしたり、音色を変えたり…とかしたいところですが、あまりこだわっていもいられないので、音楽に関してはそこまでこだわってはないかもです。

…という感じです。ざっくりと流れを説明しましたが、それぞれ今後深堀して紹介するかもです。

関連記事一覧