け誌

稼ぎたいけど何したら良いか分からないモデルさんの相談乗ってアドバイスしてあげた話

最近社団法人のクリエーター団体様のWEBサイトの制作をメインにしてます。来月くらいには完成したいところ。そんな中でも撮影がちょくちょくありまして、事務所の人やモデルさんからいろんな相談を受けることがあるので紹介します。割と何でも屋です。撮影しながらそういう部分の相談を受けるというのも俺の付加価値なのかなと思い、結構対応しています。

モデルの子からの相談:モデルで稼ぎたいけど何したら良いか分からない

前もブログで似たような相談を紹介しましたが、結構こういう相談をもらいます。
前回のブログ:何やりたいか分からないモデルさんの相談に乗ってアドバイスしてあげた話

アイドルをしたいけど…モデルをしたいけど…みたいな感じで。その時の助けになるような考え方を紹介します。

考えの整理

まず基礎となる考え方で自分の個性を整理します。

1.ゴールは何?

「モデルで稼ぎたいのか」、「モデルで有名になりたいのか」、「コスプレ系のモデルになりたいのか」、「週末だけモデルやりたいのか」…などなど「モデルをしたい」と言っても人によってゴールが違うかと思います。そこを明確にして、どういうモデルでどのぐらい稼ぎたいのかというところも明確にすると考えやすいです。

2.自分のキャラクターや売りを考える

自分がどういうキャラを持っているのか、コスプレ系、水着系、服の系統などもそうですが、できるだけ細かく自分を分析しましょう。例えばカメラ初心者相手のモデルさんなら自身もカメラの知識などが多少あるとカメラマンさんにとって需要ありそうです。

前も紹介したように紙にマインドマップを書いて整理すると考えやすいです。

3.顧客を考える

どんなビジネスでもターゲットを考えるのが大切で、そのターゲットの興味をひくような行動をするのがベスト。大きく分けて2つで企業相手か、撮影会のカメラマンなど一般人を相手にしたいのかの2つに分かれます。さらに企業と言ってもアパレル系なのか、コスメなのか…一般人でもカメラ初心者のモデルなのか…などなど結構分岐点があります。

具体的な行動

という感じで、まず自分を知って自分のキャラクター、そしてそれに合ったターゲットを探し、ゴールを設定することが必要です。では具体的な行動へと進めると…

単価と頻度を決める

収入は単価×頻度によって成り立つので、収入を増やす答えとしては単価を上げるか、顧客を増やすかの2択しかないです。自分が何日稼働できるのか、どのぐらいの頻度で撮影が入るのか、どのぐらい欲しいかによって単価を決めましょう。

ある程度行くと、自分が稼働できる限界ってあると思うので、サービスを作って人にお願いするっていうのもありです。例えば撮影会の主催や、アイディア次第でもっと新しいサービスを考えるのもありです。

認知度を上げる

とりあえず今の時代良くも悪くも影響力がとても大切なので、認知度を高めるのは間違いなく良いです。具体的にはSNSで自分のターゲットに対して突き刺さるような投稿を増やし続けるのが良いです。どの媒体が良いかは人それぞれあるかと思いますが、拡散機能のあるTwitter欠かせないかもしれないです。

興味からゴールまでの導線をしっかり

SNSのプロフィールに自分が何者かを記載して、どういうサービスが提供できるか、そして依頼の窓口となるDM、もしくはコンタクトフォームまでの導線をしっかりしておくことが大切です。今回の場合モデルさんなので、プロフィールとしては『モデル/被写体』ということをしっかり明記して、何ができて何ができないのかなどもプロフィールに書けなかったら固定ツイートなどで固定するなどして見せます。興味がある人が連絡できるようにDMやメアド、もしくはブログなのか、窓口もしっかりと明記しましょう。

今回の子の場合

長くなってしまいましたが、今回相談されたモデルさんの場合、将来高級ブランドのモデルをやりたいという子だったのに現在撮影会でカメラ始めたばかりの初心者から撮られるのをメインの活動にしていたので、この部分が矛盾に感じました。高級ブランド、要は企業がターゲットのはずなのに、一般の人、しかもカメラの初心者を現在相手にしていたら、いつまで経ってもゴールである高級ブランドのモデルにはなれない気がします。あとそもそも高級ブランドっていうのも結構曖昧だったので、その部分も整理してあげました。

そんな部分を整理してあげて、あと『モデルで稼ぎたい』っていうのがメインの質問なので、いくら稼ぎたいか希望の月収を現在の月の撮影日で割ってあげることで、1回の撮影でいくらの単価にすれば良いか出てくるので、そこから調整してあげました。

そんな感じで撮影の合間に相談乗ってアドバイスしてあげました。割とこういうこともしてますので、撮影ご興味あればご連絡くださいませ〜。

撮影について
何やりたいか分からないモデルさんの相談に乗ってアドバイスしてあげた話

関連記事一覧