け誌

スイーツガールの撮り方

スイーツガールというお菓子を食べている女の子を撮影するという企画を結構長いことやってます。今日はその構図だったり、撮影方法についてご紹介します。ご興味ある方ご覧くださいませ。

始めた理由についてはこちらをご覧くださいませ
>>スイーツガールという企画を始めてます。

寝てる体制で撮影することで盛れる

割と寝ている姿のモデルさんを撮影することが多いです。寝ることでモデルさんとの距離が近く感じるだけでなく、肌の感じが変わるのかなんだか盛れますね。

ロッテ『シャルロッテ ドゥーブルショコラ<ビスキュイ>』(スイーツガールモデル:近藤伶)

日の丸構図が多め

お菓子を食べている子がテーマなため、顔や口を中心に撮影しています。そのため一般的に『日の丸構図』と呼ばれる被写体が中心に来る構図を結構多用します。この構図は悪くはないですが、単純であまり面白みがないとも言われていますね。でも主題が分かりやすくて自分は割と好きです。映画でも急に人の顔がアップになるような構図が好きなので、その影響かもしれないです。

↑まるで本物のみかんのような『果汁グミ 温州みかん』(モデル:花凛)

結構寄りで撮影

マクロレンズはカメラやっていない人向けにいうと『虫眼鏡』のようなレンズで、通常は花とか虫とかを拡大して撮るレンズです。お菓子を拡大して撮りたいのでお菓子をマクロレンズで大きく撮影しています。

また顔も少し強調してマクロレンズで寄って大きく撮影しています。顔が大きめと聞くと嫌かもしれませんが、人の顔の写真が好きで、顔に対して斜め上から撮ることで、顔を画面いっぱいに撮れてちょっと迫力もあるような写真になります。斜め上から撮影すると顔が大きくなりますが、目が大きくなり、顎がシュッとなるので、可愛くなりますよね。

↑『窯出しとろけるプリン』(ぽん。)3秒に1人がとろけてる大人気のプリン

またあえて広角レンズで寄りで大きく撮ったりというのもあります。(好き嫌いあるかもしれないですね。)

メイクは濃い目

この企画、お菓子と口元のコントラストが大切だと思うので、唇もそうですが、メイクは濃い目の方が映えます。

↑ロッテ(LOTTE) 『紗々 <黒蜜きなこ>』レビュー(スイーツガールモデル:崎村ゆふぃ)

ベストな構図は人によって違う

…という感じで、基本的には上記のような感じで撮影していますが、決まった撮り方がある訳ではなく、結構いつも試行錯誤で背景やレタッチ方法を変えてみたり…という感じで撮影しています。背景とかは以前に比べて最近は結構シンプルにしてます。以前は結構キラキラな感じにしていましたが、そういうのも飽きたので黒とか白とかで普通に撮影しています。

顔しか映らないことも多いので試行錯誤です。本当思うのが顔のベスポジって人それぞれマジで違うな思います。上から撮った方が良い人、横から撮った方が良い人、正面から…など色々います。光の当て方もそうです。スイーツガールはめちゃくちゃ勉強になります。

興味ある方ぜひモデルを!
・スイーツガールについて
・スイーツガール一覧

関連記事一覧